エロいかどうかは、実は生年月日で分かる。【四柱推命】

四柱推命でケツにあるホクロを言い当てた超人を師匠に持つ占い師、王子です。

 

生年月日で占う占術のことを「命占(めいせん)」って言います。

有名なのは四柱推命とか占星術とか算命学とかってのがありまして。

 

今回は占いでエロいかどうかを判定する!という話です。

 

これ、占いやってきてるから王子にとっては当たり前の話ではあるんだけど、生年月日ってそんなことまで決定してるんですよ。

「そういう星の下に生まれた」って言葉があるけどまさにその通りで、運命は決められてるんですね~。

ちなみに、生年月日で決まっている運命のことを王子的には「宿命」と言ってます。

「命に宿る」「宿っている命」

というような言い方をすると分かりやすいかと思うけど、「宿ってるわけだからそれを変えられない」というニュアンスを含みます。

 

反対に、というわけではないけど、宿命と似たところで「運命」という言葉があるけど、これは「運ばれる命」と表現してます。あくまで「運ばれる」なんですね。

命って時間によって強制的に進められてる(老化が進んでいる)ってことになるんだけど、これを自ら運んでいるって思う人はいないわけで、時間によって「運ばれている命」という意味で「運命」って言うんだと思います。

対して宿命は時間によって変わらないし、変わったとしてもそれは時限爆弾みたいに宿命によって定められてたモノである。と言えるんですよ。

例えば「いついつに結婚します」とかって話を占い師はよくするけど、それって生年月日から算出してるんですね。なぜならその人の宿命の計算式は生年月日で確定してるから。

 

そんな感じで、生年月日によって、変えることのできない定めを「宿命」、選択によってある程度変えられる人生のルートを「運命」という風に使い分けています。

図にするとこんな感じですかね。

はい、話が難しくなりましたが、今回は「宿命」サイドの話です。

エロいかどうかは、遺伝はあるけど家庭環境や生活環境で後天的に与えられるものではないんですよ。知ってました?

 

エロい星ナンバー1「桃花殺」

出ました東洋占術用語!

桃花殺(とうかさつ)と読みます。

どんなモノかと言うと、四柱推命は年・月・日・時間の4区分に並んだ漢字、十干十二支(じゅっかんじゅうにし)といいますが、それで判断するというものです。

例えばヒカキンさんの命式の場合、

ちなみに、ヒカキンさんの命式を詳しく見た記事はコチラ!

HIKAKIN(ヒカキン)を生年月日で占ってみたら、実はとんでもない人だった・・・

このような命式になる(出生時間は分からないので予想です)んですが、桃花殺をどこで見るかと言うと、「地支」の行です。

なのでこの場合、時日月年の並びで言うと「卯亥辰巳」となります。

この地支の並びに「子卯午酉」の4つが揃う(並び順問わず)と、桃花殺となります。

簡単な見方で、この桃花殺が揃うとエロい、と言うより「異性運に異常ありがち」となります。

この4つがキレイに揃うことはなかなか珍しいのでホント珍しい命式です。

教科書通りの見方だと「子卯午酉の4つが揃うと」という条件となるんですが、経験上、桃花殺とまではいかなくても「子卯午酉」の中で3つが揃うとなかなかの人になります。

例えば旦那さんの命式を見たりする時に子卯午があったりしたら、「旦那さんって結構アッチは旺盛ですよね」って言うと大抵爆笑取れます。

3つだと桃花殺のなりそこないではあるけど、それでも四柱のうち三つも揃っているのはかなりの力を秘めてるってことになります。

 

「子卯午酉」が三つ以上揃っていなくても、「子卯午酉」のうち一文字が三柱を占めている珍しい命式を持つ方もいます。

この方の場合はまたちょっと微妙に捉え方は違いますが、桃花殺のなりそこない+αの強烈な命式ですね。

こんな人がお客さんできたらと思うと・・・悪いけど見た瞬間笑いを堪えるのに必死になりますな。

桃花殺が「異性運に異常ありがち」ということなんだけど、じゃあどう異常なんだ?って話。

平たく言うと、男なら「とにかく女好き」です。もうそのことしか考えられない。寝ても覚めても。

あ、ちなみにこの方、レイプ事件でお縄になった高畑○太さんです。この命式はウチの四柱推命界隈では話題になりました…。そりゃこんだけあればそうだろう…とw

あと、酉(とり)と言う字が3つ並んでますが、酉=鳥で、酉は饒舌とか楽しみ、悦という意味を含みます。また、「酒」という時にも酉がいます。この方はそもそもよく喋るし酒飲んだらもっと喋るし酒飲んじゃったらもう女性は全力で逃げた方がいいって感じの人だと言えます。

ってそのままですね。。

こんな命式持って来られて、この人と付き合いたいんですけど・・・って相談が来たら全力で阻止するね。

その辺の貞操観念が理解できる人の見どうぞ、な物件です。

 

そう思うとヒカキンの命式の地味っぷりときたら・・・w

 

四柱推命をやっているとよく分かるんですが、「天は二物を与えず」という言葉があるんですが、まさにそうだな!と思います。

どこかを際立たせるためにはどこかを犠牲にしないといけないんですよね。

上に立つとか何か野望がある人は、スゴイ半面どこかに危さやヤバさを持っていたり常識が欠落してたりするのは、世の理なんだと思います。

なので、一般市民にも広く伝わった中国の四柱推命が「バランスの取れた命式の方がいい」という教えを説いたのは、一般市民に向けたものなんですよね。尖っていれば良いってもんでもないけど、バランスが取れてても平凡な人生・・・ただ幸せの基準はその人にしかないので、どんな命式が良いとか悪いとかではなくて、与えられた宿命とどう付き合っていくかが何よりも大事なことなんだと思います。

 

エロい命式「丁壬干合」

また出ました専門用語。

丁壬干合(ていじんかんごう)と読みます。

これは、命式の天干の行に「丁(ひのと)」と「壬(みずのえ)」が揃う時のことを指します。なので、割と多い命式です。

ただ、丁と壬がうまく機能していることが条件なので、これがあればエロいのか?と聞かれると、ちょっと微妙なところです。

桃花殺ほど強烈ではないですが、よく性欲が強いって言われるくらいの感じです。

 

陰陽五行で水の五行は美を表します。

「水もしたたるいい男」って言葉があるように、水に濡れるというのは妖艶さやエロさに直結するのは昔も今も変わらない人間のスペックなんですね。

 

ちなみに、丁壬干合持ちの奥さんと夜の相性が良くて結婚したけどセックスレスになってしまう例もあったりします。

それについては、「カップル→結婚という距離感の変化で運命は大きく変わる」という前提の上で、付き合ってた頃の距離感だといい感じのエロさに感じてた彼女だけど、奥さんになった途端にその水の五行(壬は水の五行、丁壬干合でより水が強くなる)が強すぎて溺れたような感じになってしまって、結果セックスレスになる、という考察もあります。(師匠談)

 

ムッツリなのは乙卯

最後に、上の2つには劣るけど、それでもエロい命式を紹介。

「乙(きのと)」というのは木の五行で、つる草とか草花とか言われてます。ここではつる草とイメージした方がいいですが、つる草の特徴としては「大木に巻きつく」です。

何かよりどころがあって、それに引っ付いていたいのが「乙」の性質です。

そこに、桃花殺の一味である「卯」が付いた、「乙卯」がランクインしてきます。

卯というのは兎の意味で、兎は万年発情期といわれる動物で、卯が入る命式はやはりどこかエロさ、特にちょっと屈折したエロさを持ってます。

とはいえ、「乙」があればそう言える、というわけではないので、正確な判断は是非王子に聞いてください 笑

 

これは四柱推命てきではないんですが・・・

単純に「乙卯」って字面、エロそうじゃないですか・・・?

乙の曲線とか、卯って卵の字に似てたり。どっちも曲線っぽい。

・・・と、おかしなことを言ってるみたいですが、そんな文字から伝わる情報も四柱推命では大事なんですよ。ほら、字って象形文字じゃないですか。文字の形にちゃんと意味があるんですよ。

 

次点「辛卯」

「辛卯」に関しては、これはホントちょっとした余談ですけどね。

辛(かのと)って金の五行で、歯の意味があったり色で言えば白だったり、そんな意味があります。

例えばこんな命式。

庚(かのえ)と辛が金の五行で、壬が水の五行。

さらに蔵干の甲(きのえ)は学問を表していて、学歴もそこそこありそうな人。

金の五行と水の五行があることから、女性だったら歯科助手にいそうな命式です。

そう、何が言いたかったかって、辛卯の人って歯科助手にちょこちょこいるんですよ。ちょっと厳密に言うと「辛卯と壬」がある人。

歯科助手さんがエロいと男なら分かるあるあるネタなんですが、それは逆説的に辛卯があるから、とも言えるんですよね。

ちなみにこんな命式の女性がいたら、まーお金に苦労しないやや恐めな奥さんになりそうだけど・・・結婚は遅そうかな。。

 

あと、辛卯を持つ人にはメンヘラ美人が多いというのもあります 笑

 

まとめ

今回はガッツリと四柱推命ネタでしたが、四柱推命が分からない方は分からなくても全然よくて、何が言いたかったかって、生年月日からこんなことまで分かるんだぜ!ってことが言いたかったんですよ。

四柱推命最高だぜ!とか言うつもりはないけど、占いのポテンシャルというか、そんな感じの占いの魅力が少しでも伝わればいいなと思います。

 

占い、特に命占においては、生年月日が分かればその人の人となりとか大体分かってしまいます。

大体のお客さんの悩みは人間関係とか自分が分からなかったりとか、そんなことがほとんどです。

やっぱり分からないから悩むし、分かれば、納得できればその悩みは早く解決できるってもんなんですよね。

 

なので、気になったら占い使ってみるといいよ!ってことです。

 

 

 

 

・・・とまぁこんな記事を書いておりますが、

ちゃんと日頃は占い師してます。

 

日々、人様のいろんな悩みと向き合ってるわけでございます。

 

そんな王子に占って欲しいという方へ。

鑑定のご依頼はコチラからできます。

占う前に、占いってどんなことするの?

という方はコチラもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です