引越ししても運気は上がらない!?現役占い師が教える引越しのウラ話

どーも。

占い師の前田王子です。

 

「引越し」

 

これは人生の中でもターニングポイントになり得る、とても大きな変化です。

そんな大きな変化で、

  • 人生台無しにしたくない!
  • きっと上手くいく方位があるはずだ!
  • きっと引越しにはいい時期があるはずだ!

 

そう思っているそこのアナタ。

引越しについて、もっと楽に考えてみましょうぜ。

 

引越したいAちゃん
そんなこと言って、引越ししてから運が悪くなったらどうすんの・・・!

 

そう考えたくなるのももちろん分かる。

分かりすぎるくらいに分かるんですが、

 

それって「引越し」についての価値観がズレてると思うんですよね!

 

そもそもなんで「引越し」なんてするの?

これって模様替えにも似たようなことが言えますが、そもそもなんで家具の配置を変えたり、引越しをしたりするんでしょうか?

  • 転職に伴って
  • 進学に伴って
  • 結婚したから
  • 離婚したから
  • ペットが飼いたいから

などなど、色んな理由があると思います。

でも、それってホントの理由では無いんですよね。

そもそもなんでそんな移動をするのか。

 

それは、今の状態がしっくり来てないからに他なりません。

しっくり来てないから動くわけです。

しっくり来てないというのは、頭で理解できる部分じゃなくて、もっとこう、アレですよ。

みんな大好きスピリチュアルな話ってヤツです。

なんて言うか、本能的な部分の話です。

 

しっくり来てないから動くって聞くといまいちピンとこないかもしれないけど、「寝返り」を思い浮かべてみると分かるかと思います。

知ってました?

寝返りって、体がしっくりくるようにチューニングする所作なんですよ。

ただ闇雲に体が動いてるわけじゃないんです。

ただ、こうやって言うと・・・

 

ヤジりたい兎
チューニングしてんのに寝違いになるのかよ!痛いよ!

 

って言われるかもしれんけど、よく考えて!

意識的なコントロール無しに、頑張って動いた結果が寝返りな訳だ。

そんなピンポイント絶妙コントロールで寝ながら体動かせてたら、肩なんか凝るわけない。

 

アナタの不摂生を体がフォローしてやってんだ。

文句言うんじゃないよ。

 

で、しっくり来てないから色々と動かして、しっくり来るように試行錯誤するわけです。

引越しというのは、その一環だったりします。

 

引越しはヤドカリの「宿」みたいなもの

引越しが、体がしっくりくるための活動だとすると、引越しはヤドカリの「宿」みたいな感じと言えます。

どういうことかと言うと、ヤドカリは体の成長に合わせて宿を変えていく生き物です。

人間は体のサイズはそこまで大きくなりませんが、魂の大きさや価値観の広さなんかの、目に見えない部分の大きさを持っています。

この目に見えない部分の大きさや形に合った家を探す、と言うのが、本来占い師が担う仕事だと思ってます。

 

運がいいとか悪いと言う表現で表されますが、見えない部分の大きさや形に合っているかどうか、という表現に言い換えてみると分かりやすいかと思います。

 

引越し先がしっくりこないというのは、目に見えない部分は「こうなりたい」と思っていても、選んだ場所がそれにそぐわなかった場合に起こります。

 

「これはいい宿だ!」と思って奪った宿も、入って見たら全然しっくり来ないこともあります。

ヤドカリの場合は、宿を奪ってもしっくりこなかったらすぐに取り替えます。

人間の場合は、家賃や契約事情や色々があるので、そんな簡単に変えにくいところはあるけど、基本はヤドカリの宿のようなイメージでOKです。

 

なので、引越し先について一生懸命に「当たり」を見つける必要は無い、ということになります。

しっくりこなかったら変えればいいわけで、それは仕方のないことなんです。

 

占いでそこまでのピンポイントな座標が割り出せるわけでもないし、占うとしても、お客さんが持ってきた候補の中から比較的いいものを選ぶということに過ぎず、「当たり」を教えているわけでもないです。

 

鑑定の時によく言ってますが、占いは判断基準ではなく、あくまで判断材料です。

鵜呑みにするのではなく、占い師の意見は占い師の意見として聞いていただければと思います。

 

いい引越し先と悪い引越し先

占いでは、一般的に九星気学という占術を使って、吉報位などを出します。

なので、「引っ越す時には方位が大事!」という考え方になりがちですが、実際のところ、方位の影響ってそんな大きいものではないと思っています。

 

例えば東京に住んでいて、南西が凶方位だとして。

南西の方角には伊勢神宮なんかもあるわけで、ご利益満載です。

 

方位は近場だったら大して影響がないとか、遠距離の方が方位の力が得られるとか諸説色々ありますが、なんというか、本質を見失ってる気がします。

 

方位を見るのも大切ではあるとは思いますが、「方位が合ってるから正解!」という考え方は危険です。

運って3次元的というか多次元的というか、一義的な考え方で捉えられるものではないと思うんですよね。

なので、それを踏まえて、方位を見てもらう時は、1本1,500円もするオリーブオイルだから、スーパーの安オリーブオイルよりもきっと美味しいだろう。くらいのイメージで捉えておくといいです。

自分でこだわりなく選ぶオリーブオイルよりも、プロに選んでもらった安心感。

そんな感じです。

方位が良いなら絶対的に幸せになれるかどうかは、ぶっちゃけ知ったこっちゃないです。

きっと高いオリーブオイルを使っても、旦那さんは味の違いなんて分かりゃしないんだから。

 

では、良い引越し先は、どんな引越し先かと言うと・・・

 

 

正直、住んでみないと分からんです。

 

 

口の悪い兎
なんだとこの無責任占い師ー!!

 

そんな声も聞こえてきそうですが、実際そうなんですよ。

そもそも分かるはずもないところに、占いである程度のアタリをつけているくらいのモノなわけです。

期待のしすぎは、決まって上手くいかないです。

これは占い以前に、人間心理の構造上そういうものだったりします。

 

先ほども書いたように、引越しはヤドカリが宿を変えるようなものです。

そして、なぜヤドカリが宿を変えるかと言うと、体が大きくなったからです。

 

つまり、成長したからです。

 

人間も、30歳過ぎたら老いていくなんて言われがちですが、それは肉体の話です。

だって、若造に「おっさんしょーもないッスねw」なんて言われたら「そうなんだよテヘヘ(´ε` )♥」なんてならずに、シンプルにムカつくわけで。

ってことは、心は日々成長しているわけです。

年を取ると言うのは、心の成長なんです。

成長しているから無下にされたくないわけです。

 

心の成長に伴って、住居も変わっていくヤドカリ。それが人間なんです。

 

だからと言って、早く引っ越せるところが良い引越し先というわけでもなくて、良い引越し先というのは、これまでの話を踏まえて、「自分なりに納得できるかどうか」に依存しています。

 

もししっくり来なかったら早めの引越しになるだけだし、急成長したとしても早めの引越しになるわけですし。

長く住めるところが最強なわけでもなく、重きを置くべきは、あなたが成長できるかどうかです。

方位の良し悪しや、近くに鉄塔があるとか北に川があるとか、そういう問題じゃないんです。

 

身も蓋もない話をしちゃうと、家賃100万くらいの豪華アイランドキッチン付きのタワマンにでも住めたら、そりゃきっともれなく幸せなわけですからね。

 

でもそうならないのは、デカすぎる「宿」じゃヤドカリも困っちゃうからです。

身の丈に合わせて、フレキシブルに宿を変えるという発想が、良い引越し先と言えると思います。

 

となると、悪い引越し先というのは、

 

鼻息の荒い兎
俺ァここに骨を埋めんだ!!

 

って発想に固執することだと言えます。

 

あくまで、ヤドカリ的発想が大事ってことですね。

なので、占い師から言える引越しのアドバイスとしては、

 

王子
基本的に選んだそこでいいよ!でも気になったら何軒か候補持ってきて!

 

ってな感じです。

無責任?

いやいや、自分に責任持って生きていくだけさ。

 

 

・・・とまぁこんな記事を書いておりますが、

日頃はちゃんと占い師してますよ!

 

ちなみに・・・占いってどんなことするの?

↑↑年も明けるし、運も全開でいこう!↑↑

フォローするだけで運気が上がります。

FacebookTwitter

・・・ウソです 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です