サトルにまつわるエトセトラ①〜悪性水脈について〜【サトル石】

四柱推命が気になってる!
やっててみたいけど何から始めていいか分からない!
そんな方にオススメですよ!٩(ˊᗜˋ*)و

どーも。

占い師の前田王子です。

 

先日ちらっと記事にした「サトル石」が、予想以上に反響があり、LINEにちょくちょく問い合わせが来てます。

王子はね、知ってんですよ。

 

人類皆オカルト好きだということを 笑

 

まぁ…オカルトって言うものの、それは解明されていないだけで、確かにそこに存在しているモノなんですよね。

怪しい、胡散臭い、そうやって現実から目を背けることこそが、本当の意味での神への冒涜なんだと王子は思います。

 

・・・いや、「神様」なんてのはいないわけなんですけども。

神様についての話はコチラ!
神様はいるのか問題について考える

 

というわけで、黒光り大オカルト石こと「サトル石」を理解するためにも、ここでは「悪性水脈」という概念についてお話ししていきます。

ちなみに、ちょっと読み返してみたけど↑の記事も地味に面白いです。

当時の王子も、面白いこと書くなぁ・・・やるなぁ・・・笑

 

悪性水脈の前に、水脈という概念

きっと皆さん初めて聞く単語だと思うんだけど、そもそも水脈っていうイメージがまず湧かないと思うんですよね。

これについては、王子もイメージでしかないんですが、水脈って意外なほどいっぱいあるんですよ。実は。

例えば、キャンプに行ってちょっと森の中探検したりすると、めっちゃ小さい湧き水出てたりするじゃないですか。

あんな感じで、チョロチョロした水が地面の中に流れてる、そんなイメージです。

 

日本はめっちゃ雨が降るわけなんだけど、雨の行方って考えたことあります?

「雨の行方」って書くと、なんか昭和歌謡のタイトルみたいですが、ちょっと思い出してほしいのは観葉植物です。

日々水をあげると思うんですが、植木鉢の下にあるトレーに水が溜まりますよね。

あの水は、もちろん人間が与えた水が土の中を流れて、最終的にトレーに行きます。

それと同じで、そこそこ硬い砂地でも、水は少しずつ下へ下へと染み込んでいきます。

全部側溝に流れていくわけじゃないんですよ。

 

で、さらにミミズとかモグラとか、土の中を行き来する生き物がいます。

木が根を張って、根をシロアリとかが食べたりします。

すると、もれなく空洞ができます。

 

他にも、日本は地震大国なので、地震によって地中の石がズレたり、断層がズレたりして、地中にはいたるところに空洞があるわけです。

そこに、さっき書いたみたいに、雨が侵入したり山から水が流れてきたり、川から染み出してきたりして、水脈ができるわけです。

戸建住宅の基礎工事よりももっと深いところで、水はこっそりと流れを作っているんです。

(水としてはコッソリしているつもりは無いんでしょうけど)

 

水脈なんて、馴染みがなさすぎてイメージしずらいと思うけど、植木鉢や湧き水を拡大して解釈してもらえば、なんとなくイメージできるかと思います。

 

悪性水脈とは

では、「悪性」水脈とはなんなんでしょうか?

水なんて体に良いものだし、湧き水なんて山のミネラルを含んでてめっちゃ良いモンなんじゃ無いの??

って思いますよね。

 

問題となるのは水自体ではなく、意外や意外、水脈が起こす振動なんです。

日本語だと、悪性水脈とか悪性磁場とかって言葉で表現されるので、水ってそんなに悪いのかなぁ・・・と疑問に思いそうですが、海外では

「geopathicstress(ジオパシックストレス)」

と呼ばれています。

これは、ギリシャ語のgeo(地球)とpathos(病気)を組み合わせた造語です。

さらに、stress(ストレス)が加わっているので、「地球から何かしらの悪いストレスを与えてくるもの」という解釈がしやすいと思います。

悪性水脈っていうと、「それがなんで悪いの?」ってなるんですが、水脈自体を指す意味合いより、ストレスを与えてくるもの、というニュアンスを含むんですね〜。

う〜ん、言葉って難しい!

 

で、悪性水脈というものがなんとなく分かってきたところで、頭のいい方ならきっと、

 

「いや、そんな深いところの振動なんて感じてないけど?」

「ウチの冷蔵庫の振動の方が大きいよ?」

 

と思うはずです。

そう、ここなんですよ。

この手の話が胡散臭さを帯びるところは、ここなんです!

 

悪性水脈のことは分かった!

でも、それと人体と、どう影響してるんだってばよ!

 

ここが分からないと、モヤモヤしてしまいます。

 

ここwi-fi飛んでんなぁ!

はい、懐かしの(?)メイプル超合金の漫才でよく使われてた鉄板ネタです。

これを見たときは王子もう腹抱えて笑いましたよ。ええ・・・。

メイプル超合金はいつだったかのM-1で見て、なんて面白い人達なんだ!!と思ったら、最近あんまり漫才やらなくなってちょっと残念ですが・・・そんな話ではなくてですね、

 

なんでこのフレーズが面白いのか?

 

という話です。

なんでかって、wi-fiなんて目にも見えないし、肌でも感じることができないから、

「ここwi-fi飛んでんなぁ!」

「いや、分かるのかよ!」

となって面白いわけです。

 

そうなんです。

人間は、wi-fiの振動すら感じることができない体なんです。

電磁波だのなんだのって話題になってた時が昔ありましたが、基本的に人様の作る家電製品の電磁波って、そこそこに影響力があります。

自覚してないだけで、ちゃんと影響受けてるんですよ。

でも、大前提として、

 

電磁波とかwi-fiとか、そんな電波感じるわけねーじゃんwww

 

という先入観を僕らは持っています。

だから、悪性水脈とかジオパシックナントカって聞いても、「・・・はぁ??」ってなるわけです。

 

でも、知覚できないからそれはしょうがないんですよね。

でも、確かな影響力を持って存在している振動なんです。

 

それが、悪性水脈と言われているシロモノなんです。

 

悪性があれば良性もある

さて、悪性水脈という言葉があるなら、反対に「良性水脈」というモノがあっても良さそうですよね。

これは、水脈なのかなんなのかは一旦置いといて、実はあります。めちゃくちゃ身近にあります。

 

さて、「良性水脈(?)」に相当するものとは何でしょうか?

 

考える間も無く答えを出しますが、答えは神社パワースポットと言われる場所です。

知ってました?

神社って、地主さんが地域の雇用を産むために適当に建てたんじゃないんですよ?

 

大昔の人が、

昔の人①
ちょ、ここなんかヤバくね?
昔の人②
マジ神!

みたいな感じで、いい意味の違和感を感じて、きっとここには神様がいるんだろう、という敬意を評して神社が建てられたりしてるんです。

だから神社に行くと、澄んだ空気が流れている気がするんです。

でも気のせいじゃなくて、ちゃんといい空気が流れる理由があるわけです。

 

良性な磁場というのは、日本では神社やパワースポットと言われていますが、所変われば、龍脈とかレイラインなんて言われ方をしてます。

いずれも各地では敬われてたり、信仰の対象になっています。

 

神社クラスの良すぎる場所は、流石に人間でも知覚できるんですが、ここで言っているような悪性水脈にまつわる磁場は、ちょいワルなので知覚ができない、そんな感じに捉えてもらえばOKです。

あとは、地元に何軒か、新しくお店ができるんだけど絶対すぐ潰れるところってありません?

そういうのも、悪性水脈の影響だったりします。(風水的な影響や霊障もあるので一概に言えませんが)

あ、ちなみにサトル石、霊障もある程度攻略できたりします。

新築の家建てるときは、敷地の四隅に埋めたいところですね。

という感じで、「悪性水脈」についての小話でした。

次は、実際の間取りを使って悪性水脈の流れについてのお勉強だ!

テストに出ないからって、気を抜くんじゃねーぞー!ヽ(‘ ∇‘ )ノ

 

サトル石は1kg、500g単位での販売となります。(1kgの場合1袋におよそ48〜52個)

販売価格(1kg)40,000円(送料込み)
ダウジングによる個数測定:3,000円

合計:43,000円

販売価格(500g)21,000円(送料込み)
※ダウジングによる個数測定は行なっておりません。
ダウジングを使って配置個数を調べると、40個以上必要なことが多く、数が足りなくなってしまいます。
代わりに、王子オススメの置き方を記した用紙を同封してお送りします!

<〜お申し込み後の流れ〜>

  • フォームに送っていただいた間取り図を元に、配置個数を調べます。
  • 配置個数を調べて、在庫があればすぐ発送いたします。
ご購入前のご質問・問い合わせはLINEから٩(ˊᗜˋ*)و
友だち追加

 

 

 

・・・とまぁこんな記事を書いておりますが、

日頃はちゃんと占い師してますよ!

 

ちなみに・・・占いってどんなことするの?

↓↓運が悪いと思う原因は・・・↓↓

↑↑意外と家の地下に”埋まっている”かも。↑↑


フォローするだけで運気が上がります。

FacebookTwitter

・・・ウソです 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です