自分について

占い師的に「違和感」はめちゃくちゃ大事である〜「なんか違う…」と思った時に読む話~

どーも。

占い師の前田王子です。

 

これだ!と思ってやってみたけど、ちょっと時間たつと「なんか違う・・・」

あの人が言ってたんだし!とりあえず信じてやってみよう→「思ったのと違う・・・」

 

そんな経験ってあると思います。

 

今日はそんな違和感について。

日々占い師として活動してますが、違和感を感じることって、実はめちゃくちゃ大事なことなんですよね。

なんで大事かって、頭じゃなくて、体が反応しているからなんです。

理解しているレベルじゃなくて、本能のレベルで、アナタの体がアナタの魂に訴えかけていること、それが「違和感」なんです。

 

虫の知らせとも言いますが、そういった直感的な気付きなんですよね。

違和感って、そんなレベルの、理解未満なんだけど本質的で、深層心理の訴えだったりするんです。

 

違和感を語る前に・・・

占い的な話ですが、まず前提として、人は生年月日という変えられない起点によってスタートしています。

つまり最初から決まった「クセ」を持って生きているわけです。

これは陰陽五行で言い表すことができて、木が何%で、火が何%で・・・というように、その人の構成要素が初めから決まっているということです。そして、そんな小難しいことをいちいち説明されるのが面倒なので、これを「宿命」と呼びます。

その名の通り、「宿る命」「命に宿る」ということなので、変えられない性質、という意味になります。

 

陰陽五行の世界観では、は燃えることができるのでを生み、は燃えた後に灰を生み、灰はになることから、を生みます。

これを五行の相生(そうせい)といいます。

逆に抑え合う関係もあって、それを相剋(そうこく)と言います。

図にするとこんな感じです。

例えば、を強くしたいのであればを足す、を強くしたいのであればを足す、というように、五行が互いに影響しあう関係を持っています。

の五行はその名の通り「金属」を表します。

金属からは刃物が作れます。刃物でを切ることができるので、にダメージを与えることができる、ということになります。

これを「剋(こく)す」と言います。

で言えば、は金属を溶かすことができるので、を剋す、ということになります。

パズドラやモンストなんかの属性三すくみの関係に似てますね。

 

宿命を持っているから違和感を感じることができる

で、ここから何が分かるかと言うと・・・

例えばが強い人であれば、を剋しに行くし、を生もうとする(生じたがる)し、の助けが欲しい(無いと死んじゃう!)ということになります。

そしてその流れは春夏秋冬の流れになっていて、これも図にするとこうなります。

 

 

季節によってどの五行が強くなるのか、という摂理があるわけです。

なので、先ほどのの人がいたとして、

→よっしゃー!俺やったる!(自らが多く強くなる)

→ほらほら!みんなも!ほら!(自らが燃えて役に立つ)

→・・・自重します。(剋されるので)

→メシ食お!本読も!インプット大事!(水があるせいで力を蓄えようとする)

極端すぎる例ですが、こんな感じ(あくまでイメージ)で季節によって態度が変わります。(土の五行が無いですが、ここでは趣旨と違うので割愛)

 

つまりどういうことかと言うと、

 

 

季節(流れ)が変わるので、ずっと同じことはしてられない

 

 

ということなんですね。

同じことを続けていたとしても、その時々によって捉え方や関わり方が変わります。

見た目は変わらない木でも、根を伸ばして倒れにくくなり、水の吸収を良くするわけです。

同じことをしているつもりでも、いつも通りだと思っていても、運気的な季節(流れ)という外的要因によって変化を余儀なくされているんです。

 

違和感を感じるメカニズム

ここでタイトルに挙げた「違和感」の話になるんですが、アナタの違和感はどこから?ということになります。

基本的に五行の相関関係は「無い物ねだり」です。

なので、無い五行を欲しがりますが、無いモノはないわけです。

 

さっきのの人が、夏になって人にばーっと頑張って・・・

[voice icon=”https://maedaouji.com/wp-content/uploads/2018/07/bikkuri.jpg” name=”アツいAちゃん” type=”l icon_red”]ヤバい!ガス欠気味だ!ちょうだい![/voice]

ってなっても、夏に水は無いです。(梅雨や大風がありますが、五行論としては水はありません)

なので、頑張りすぎた結果、を補給できずに

 

[voice icon=”https://maedaouji.com/wp-content/uploads/2019/09/nandakke.jpg” name=”Aちゃん” type=”l icon_red”]おかしいなー、頑張ってるはずなんだけどなー[/voice]

 

という症状になります。

こうして、違和感を感じるわけです。

 

ただ、あくまで違和感なので、頭では「まだイケるはず!」とか思ってしまいます。

 

他にも、流れとしては根を伸ばす時なのに、頑張って幹を伸ばそうとするから違和感を感じるわけですね。

逆に、幹が伸ばしたい時に、ちょうど幹が伸びる時期であれば、

 

[voice icon=”https://maedaouji.com/wp-content/uploads/2019/09/isan.jpg” name=”タイミングが合ったAちゃん” type=”l icon_red”]めっちゃ調子ええやん!うひょー![/voice]

 

みたいな感じにもなりますが、これを意図的にやろうとするのは占い師でも難しいので、あくまで大事にして欲しいのは違和感を感じることになります。

また、季節変わって伸びなくなったりもするので、そんな時も違和感ポイントですよね。

 

こんな感じで、違和感を感じるというのは、実は結構大事な感覚なんですよ。

 

「違和感」という字面もまたスゴい

漢字もまた秀逸で、「違和感」という漢字は

 

「和が違って感じる」

 

というような解釈になりますが・・・

「和」という字は東洋占術業界では

「一致」「整合性」

というような意味を持ちます。

 

つまり”違和感=(何かが)一致していない”となるわけです。

ズレているという価値観を如実に表現している言葉なんです。

めちゃくちゃ上手いネーミングですね。

 

そんなわけで、いつになくモヤモヤしたりグルグルと考えてしまう時、「これでいいのか…?」と真顔で考えてしまうような時は、大体何かが違っているハズなので、いったん止まって考えてみましょう。

頭では気付いてなくても、体が気付いているんです。

 

それが「違和感」なんです。

 

違和感を感じる時は、いっそ他のことに目を向けてもいいかもですね。

 

ABOUT ME
前田王子
愛知県在住の占い師です。 占い歴9年、鑑定数1000人以上。四柱推命と易の使い手。 ・巷の浅い占いにモヤッとしてる ・占いに書いてあったことを信じてしまい困ってる ・てか占いってアテになるの? ・占い師ってなんなん? そんな巷の洗脳じみた占い感を払拭して、占いに頼らなくてもいい思考回路を作るための記事を書いてます。