信じる者は救われる?じゃなくて、感じるものはちょっとずつ救われる話

どーも。

占い師の前田王子です。

 

突然ですが、

 

アナタハ ウラナイヲ シンジマスカー?

 

はい、突然失礼しました。

「信じる」って言葉って、ビックリするほど影響力強いと思いません?

 

でも、最近思うんですよ。

 

 

 

信じてるからダメなんじゃね?

 

 

 

って。

 

頭の悪い兎
じゃあ疑えってことなのか!?

 

そういう短絡的な話ではなくて、「信じる」ということ、信じている状態というのって、ある種の思考停止だと思うんですね。

ほら、信じるっていう言葉を使う時って、確証がないことに対して使うじゃないですか。

 

  • 医者が言ったから
  • 親が言ってたから
  • 占い師に言われたから

 

そうやって、盲目的に何かを信じることって、実は非常に危ないことなんだなーって思ったわけですよ。

 

昔は、情報を吟味するための情報がありませんでした。

今は、インターネット様のおかげで、分からなかったら調べ、調べても分からなければ誰かに聞いて、そんな便利なことができます。

 

でも、調べてもよくわからないことってありますよね。

 

インフルエンザ予防接種を受けましょう!

インフルエンザ予防接種は受けるべきじゃない!

 

・・・どっちやねん!

って話もネット上には転がっているし、どちらもある意味では正しくて、ある意味では間違っているのかもしれません。

 

占い師という仕事をして分かったことですが、ホントに人は一人ひとり違う生き物です。

自分に合ってたから友達にも合うとは限りません。

だけど、自分に合ってたから他の人にも合う、そんなこともあります。

 

誰に向けた話なのか、それは自分に向けられた話なのか、何を基準に自分はそれを見ているのか。

ただ文字になっていることを鵜呑みにするんじゃなくて、行間というか文脈というか、そういった雰囲気やニュアンスを感じることが、これからの時代(もちろん今の時代にも)必要だと思うわけです。

 

ニュースでアナウンサーが、

「春が来ました」

と言ったから春なんだな、ではないですよね。

 

いつも通る道端に小さなつくしを見つけたり、

桜の花が芽吹いてきていたり、

荒地だった田んぼが耕されていたり。

 

空の青さや風の冷たさ、

日中の日差しの強さや、

あ、もうパーカーだけでいいなと思うこと。

 

そんな見える景色や感じることから、情報って取り入れているはずなんです。

 

そんな、「感じる」という大事な感覚を忘れてしまって、簡単な「字面(じづら)」を信じてしまうと、ホントに大事なことを見落としてしまいます。

 

履歴書だけで人を判断できないように、判断材料ってめちゃくちゃ色々あるんですよ。

目は口程に物を言うとも言うし、昔の人ってそういう感覚を大事にしていたんだと思います。

 

便利になればなるほど、失われてしまうものがあります。

「感じる」という感性も、きっとその一つなんだろうなーと思うわけです。

 

で、もう一方で、

 

 

「信じる」って簡単じゃね?

 

 

とも言えます。

信じるって、前にも書いたけど、ある種の思考停止状態なんですよね。

分からないことに関しては、とりあえず誰かの何かを信じておけばいい。

・・・じゃなくて、もう一歩も二歩も踏み込めるんですよ。

 

  • ピンと来た
  • ビビビッと来た
  • キュピーン!ってなった

 

感じる時に使う言葉って色々あるけど、そんな感覚をもっと信用してもいいと思うわけです。

だって一人一人違うわけだから、再現性やそんな理屈も大事だけど、根拠の無い感覚も、実はその人にとっての根拠なんですよねー。

 

そして、

そんな感覚を信じていった先に、みんな大好き「引き寄せの法則」が待っているわけです。

・・・とまぁこんな記事を書いておりますが、

日頃はちゃんと占い師してますよ!

 

ちなみに・・・占いってどんなことするの?

フォローするだけで運気が上がります。

FacebookTwitter

・・・ウソです 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です