異常開運!?現役占い師が最強の開運方法を編み出したったった!

開運!

 

いや~、いい言葉ですよねー。

王子もね、大好き!開運大好き!

なんだろうこの響き。K A I U N・・・

心が洗われるようだぜ!!

 

さぁ、こんな記事を読んでる諸君は、きっと今何かに迷ってたり悩んでたりするんじゃないのかい?

でなきゃこんな記事読まないっしょ!

そーだよ!そーこなくっちゃ!

巷にあふれてる黄色の財布よりもさ、それっぽい人が売ってる開運の壷よりもさ、スゲー開運方法見つけちゃったんだよ。

聞きたい?聞きたい??

 

もう早く結末知りたくて、こんな煽りのリード文なんてサクッとスクロールしてんだろーなーー!

チクショーめ!

 

 

 

 

だけどもうちょっと煽るぜーーー!

 

 

 

そうそう、開運だったよね、開運!

てかさ、運って最強だと思わない?

運操れたら最強じゃない??

 

勉強しなかったけど運よく受験に合格した!

勉強したとこだけが運よくテストに出た!

運よくイケメンと付き合えた!

運よく宝くじ当たった!

就職決まった1番くじ引いたらラストワン賞だった100円拾った!

 

運が操れたらこんなこと起こるんだぜ!

運ってめっちゃ良くない??

 

てなわけで、そろそろ本題いくぜーーー!!

みんな開運の準備はいいかーーーーーッ!!

 

それじゃ、最強の開運方法を教えてやるぜーーーーー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

開運って言うけど、そもそも運は開かない

いや~、のっけから残念な話してスイマセン。

だってさ、運なんて開かないんですよ。マジで。

 

王子
ププー!運なんて開くわけねーじゃーーん!www

 

そうなんです。

運なんて開かないんですよ。なんかみんな勘違いしてるんですよね。

ちょっとそこの認識から確認してみましょう。

 

運は風みたいに、流れを持っている

運って言うのは、文字通り「運ぶ」ような意味を持ちます。

運命って言葉がありますが、これは「運ばれる命」と解釈します。

「運ぶ命」ではなく、あくまで受動的なんです。

 

何に運ばれるかって?

それは「時間」によって運ばれているんです。

(時計の針は同じ感覚で進むけど、運が時間によって運ばれるのなら、時間の流れにも強弱があることになります。厳密には座標と時間ですが。それを読むのが命占なんですよ!)

 

時間って言う概念で考えると頭が混乱するので、風をイメージすると分かりやすいです。

例えば、部屋の空気がこもっている時は、窓を開けて換気しますよね。

風の通りが悪い時は、風をさえぎるものをどかして、風が通るようにします。

そうすると風が通るようになって気持ちがいい。(特に夏場!)

 

風の総量は、場所に依存する

つまり、風がないところでどんだけ求めてもしょうがない、ということです。

風が弱いから、せめて窓を大きくする。

風が強いから、木で防いだり壁を立てたりする。

これならイメージしやすいと思います。運気も似たような感じなんですよ!

 

では、開運とは何か?

開運って言葉は、割と新しい言葉なんじゃないかと思います。

占いをしっかり学んでいる人なら、開運という言葉に多少の疑問を持つはずなので。

だけど、開運という言葉が言いたいことは、先に書いたような風の流れを、自分の都合のいいようにコントロールして、運気を上げよう!という意味合いなんです。

 

開運って、あんまり好きな言葉じゃないけど、キャッチ―で使いやすい言葉ではあります。

ただ、字面だけで見ると、ドアがバーン!と開いて、光がキラキラ―!みたいな、そんなニュアンスを感じます。

 

言いたいことは分かるけど、そのイメージはちょっと違うんですよね。

「結婚」っていうと、独身からしたら憧れで幸せの象徴みたいな感じがするけど、アレってゼクシィが作り上げたイメージだからね。

昔から結婚ってめでたいモノではあるけれど、昔と今じゃ喜ぶ内容が違ってるんです。

貧乏商人の娘が、偉い家臣に嫁ぐから喜ばしいんであって、結婚自体を喜んでいるわけではないんですよ。

 

では、ここで運についての認識を改めて確認してみましょう。

  • 運とは風のように流れを持ったもの
  • 風のように、強弱は場所や時期に依存する
そして、その運を上手に扱おうとする試みを、開運と言います

運が良くなった状態ではなくて、上手に扱う試みのことを言ってます。

ここが開運の字面の罪ですよね。非常に勘違いしやすい!

 

 

運を良くする方法とは!

ではお待ちかね!運を良くする方法について話していきましょう。

広義で言えば、筋トレも一つと言えます。

健全な肉体には、健全な精神が宿るってヤツですね。

 

では!運を良くする方法は・・・

 

 

 

「悪い部分を改善する」

 

 

 

これに尽きます。

 

先ほど、運についての認識の話をしました。

運は風のような性質を持ってるワケです。

となれば、「運を良くする」という発想は、「風を増やす」という発想になります。

 

 

 

・・・どうやったら風って増やせるんですか??

 

 

こんな問題は一休さんに相談してください。

こう考えてしまうから、無理難題になってしまうんですよ。

なので、発想を変えて、「悪い部分を改善する」ように考えていくんです。

 

運がエラーを起こしている部分を探す

実際に運のエラー個所なんてのは、占い師に相談してください。

ここでは、あくまでその考え方の話です。

 

先ほど、運が風のような性質を持っていると書きました。

単純に風としてしまうと、ちょっと違うんですが・・・

運の場合は、個人個人で流れが違います。だけど、人と人で影響しあいます。

ここが風と違う部分ですね。

運は風のような性質を持っていて、自分を中心に半径30mくらいに流れているような感じです。

(ただし、あくまで分かりやすくしたイメージです)

 

その風が滞っている部分を探すようなイメージを持つことが、運のエラー箇所を探す視点となります。

逆に、エラーのない状態がどんなものかと言うと、

  • 動植物は生気にあふれている
  • 不快な部分がない(自分の許容範囲で)
  • 動きやすい導線ができている
  • あるべきモノが、あるべきところにある
  • 快いと感じられる
こんな感じになります。

こんな環境を作っていくことが、運のエラー箇所を正していく作業となります。

 

よく、整理整頓をすると運気が上がるとか言いますが、それはこんな理由だったんです。

 

運のエラー個所を正すのは「下ごしらえ」

開運はそんなに甘くないですよ!

運のエラー個所を正しただけでは、まだ運が良くなったとは言えません。

料理で言うなら、下ごしらえの段階です。

 

運は風のような性質を持っていると何回も行っていますが、とりあえず、整理整頓ができれば風の調子は整ったと言えます。

では、ここから何をして運をコントロールしていくのか、という話です。

 

仕事で結果を出したいのか、とにかく安心した暮らしをしたいのか、自分の魅力を上げたいのか。

人によって目的は様々です。

そして、その目的に合った間取りや配置をして、風の流れを望んだ形に近づけるようにしていくわけです。

 

ただ、風の性質で、「強弱は場所や時期に依存する」と書きました。

そうなんです、風の調子が整ったからと言って、とたんにめっちゃ風が吹くわけではないんです。

 

運気はバフ・デバフのような考え方

バフとかデバフって聞いたことあります?

ゲーム用語なので、分からない人のために解説しましょう!

バフとは
例えば、攻撃力を上げたり素早さを上げたり、自分のメリットになるような効果をトッピングすること。

Buffer・・・緩和する

Buff・・・磨く

という単語から来たものとされている。

デバフとは
バフとは反対に、攻撃力を下げたり素早さを下げたり、デメリットになるような効果を付与すること。

Buffer(Buff)に打ち消しや否定の意味を持つ「de-」をつけたもの。

 

こんな感じで、運を良くする行為というのは、それ単体では意味を持ちません。

攻撃力を上げたって、ずっと逃げ回ってたら何のために上げたんだ?って話になります。

逆に、攻撃力が下がってるのに、一生懸命攻撃したって、そりゃアンタ何やってんだい!って話ですよね。

 

色んな胡散臭い本に、「○○で開運!」とか書いてるのあるけど、そーゆーことじゃないんですよね。

まずは運の状態を整えて(±0の状態)、そこから目的に沿って何をトッピングしていくか。

そんな発想が、運を良くする為には必要なんです。

 

すぐに効果のある運の上げ方

開運とか言ってて、運の上げ方すらなかったらクソダメ記事ですからね!

ということで、すぐに効果のある運の上げ方を紹介します。

 

賢い方なら気付いているかもしれませんが・・・

 

すぐに効果のある運の上げ方は、

 

 

 

 

とりあえず心をこめて整理整頓してみる。

 

 

 

これに尽きます!!

今更黄色の財布持ったら・・・とか言うわけないじゃない!

運を上げる道のりは甘くないんですよ。

 

まずは、自分の運の状態を知ること!

よく、部屋の状態がその人の心理状態を表すとか言いますよね。

あれは、運気的に見ても同じことが言えます。

強運のゴミ屋敷なんてのは存在しないんですよ。

なぜなら運は風のように流れを持っているから。

 

その流れを自分の都合のいいように使うことで、運を味方にすることができるワケなんです。

決して龍の置物を玄関に置くことじゃないんです。

 

「黄色い財布持ったら金運が上がる」みたいな話を望んでるんだったら、そんなヤツに運は一生巡ってこないんだぜ!

書いててふと思ったけど、開運を「切り開く運命」と解釈するなら、なんかちょっといい言葉ですね!

 

そうしたら「黄色の財布を持つと開運」って文が、そもそも破綻してることにも気付きますわな。

 

 

 

 

・・・とまぁこんな記事を書いておりますが、

日頃はちゃんと占い師してますよ!

 

さらに!

~8/31まで無料で占いやってますよー!

 

 

ちなみに・・・占いってどんなことするの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県に住んでる占い師。 四柱推命でその人の気付いていないクセや性質、陥りがちな考え方を見つけて、生きづらい人生から生きやすい人生へとシフトさせることが得意。 趣味はゲームと妄想と哲学です。