本は読みたいけど買って満足しちゃう人のための本の読み方

これウチのオカンの話なんだけど、周りやお客さんにもこのタイプが結構多いので、そんな人のために。

 

突然本が読みたくなって買ってはみたけど、読んだらもう眠くなっちゃって結局読まずに本棚で眠らせる。

よくありますよね。

最近だとアマゾンとかで中古本も買えるので、気になった本が気軽に手に入ってしまう。

 

で、そんな人がよく言うのは、

「結局読まないからダメなんだよね~」

みたいに、読まないことをダメなことだとしてしまう。

そうやって自己否定していくから、なんとなくどんどん自分はダメだって思ってしまうんですよ。

ちょっと考えてみましょうよ。

 

本って買ったら読まないといけないものなんでしょうか?

 

本だから「読まないと!」って思うけど、これを服に置き換えてみたらどうでしょうか?

買ったはいいけどほとんど気なかった服、ありません?

本だと「読まなきゃダメ」って先入観があるんだけど、実際そうでもないんですよ。

むしろ服に比べたら単価も安いし、そもそも本をたくさん読まない人なら別に痛手にもならないし。

 

読まなきゃ読まないで、いつかまた読めばいいし。

買ったけど着ない服も、後になって着る機会があったりして、それと同じなんです。

 

本だからなんかもったいない気がしちゃうだけなんです。

欲しかったら買って、読まなかったらいつか読むだろうって思って本棚にしまっておきましょう。

 

 

そんな人への「本の読み方」

次は、じゃあ買った本どうすりゃいいの?って話。

買って満足するタイプの人に共通するところで、「読むのが苦手」ってことがあるんですが、

 

欲しいから買うけど苦手だから読めない

 

というサイクルがあるんです。

本が苦手とか、読むのが苦手ってことを思ったことがある人は、恐らく「しっかり読むのが苦手」という感じに言いかえると分かりやすいかも。

一文字一文字読んでいくのが苦手ってだけで、タイトルの印象やカバーの印象は読みとれてるんですよ。

だからその本を手に取ったわけで、なんとなくその本から何がもらえるのかを感じ取ってるわけです。

CDのジャケ買いみたいなもんですね。曲は聞いてないけど何か良くて買う。

 

でも、読まずに放置しちゃうことが多い人は、是非これを試して欲しい。

 

とりあえず目次と著者プロフィールとあとがきだけ読んでおく。

 

読むのが苦手な人ってザックリ一括りにするけど、実は生年月日のタイプから結構細分化できるんですね。

ここでは趣旨と違うので書かんけど、大まかに言うと「文字認識力が低い」ということなんですよ。

 

それが悪いこととか頭の出来が悪いからとか、そういうことじゃなくて、こんなタイプの人は「まずイメージありき」なんです。

「直感タイプ」というと分かりやすいかな。

そう、なのでタイトル+本の見た目のイメージに惹かれやすいんです。

ただ、奇しくも読解力を持ってないってだけで。

 

で、なんで目次とかあとがきだけを読むといいかって話なんだけど、そのくらいなら負担にならないし、「本を読んだ記憶」よりも、「体験的思い出」のフォルダに記憶が残りやすいからなんです。

ええ、もちろん科学的根拠なんてもんはありません。占い師としての占いから得た考察です。

本を読むのが苦手な人は、本を読んでも記憶できにくいんです。「文字を認識する」ということに力を使いすぎるので、「読解」には至らないワケです。

苦手な文字認識に大容量を使うので、処理に余力を回せないんです。

 

 

まさにこの状態なんですね。

それならば、わざわざ読むんじゃなくて得意なイメージ認識だけをしておいて、また「欲しくなった時」に「何かそんな感じの話があの本にあったな…」と読み返せばいいんです。

クソ真面目に本を頭から読む必要なんてないんです。

 

本を読んだ記憶はすぐどっかに行ってしまうけど、感情が伴ってて行動した時の思い出は長いこと残るし思い出せるんです。

なので、買いたい本を買って、気持ちが熱いうちに目次と著者プロフィールとあとがきだけを読んでおきましょう。

そして、その段階で「よし!読んだぞ!」と思うように心掛けてください。

「読んでないからダメ」じゃなくて、あなたの読書は

 

  1. 買う
  2. 目次と著者プロフィールとあとがきを読む

 

これで大半が完了してるんです。

あとは、お風呂入ってる時とか車乗ってる時にフッと湧いてくる「あの本に何か書いてあったような…」というひらめき待ちをして、その時にあらためてその本を開くのが正しい読書法なんです。

 

 

ちなみに、自分が今回の内容に該当してるかどうかの簡単なチェックとして、「取扱説明書をそもそも読みたくない」と思ってる人は、今回の記事で言う「本を読むのが苦手な人」です。

読めるけどめんどくさい、じゃなくて、読むと眠くなるとか、読んでも全然分からん!って感じの人です。

 

 

 

 

・・・とまぁこんな記事を書いておりますが、

日頃はちゃんと占い師してますよ!

 

さらに!

~8/31まで無料で占いやってますよー!

 

 

ちなみに・・・占いってどんなことするの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県に住んでる占い師。 四柱推命でその人の気付いていないクセや性質、陥りがちな考え方を見つけて、生きづらい人生から生きやすい人生へとシフトさせることが得意。 趣味はゲームと妄想と哲学です。