占い師という特殊と思われがちなお仕事の話【四柱推命・易】

 

占い師に見られない占い師日本代表、王子です。

「占い師やってます」

って言うとビックリされることが多い。

そりゃ確かにそうかもしれん。

ってのは、以前占いを始める前の自分の環境を考えてみると、確かに身内に占い師なんて人はいなかった。

だけど、今となっては周りは占い師だらけだ。

 

当り前じゃなかったことが、だんだん慣れてきて、だんだん当たり前になっていく。

そうして僕の周りには占い師ばっかりになってしまった。

なので、占い師と言われても新鮮味は特にない。

 

何?手相?ふーん。どんな感じなん?ふーん。

タロットね、ふーん。

 

と、こんな感じなのである。

 

占い師って、初見だと物珍しさがあるけど、

ちょっと考えてみると、占い師からすると日常なのだ。

 

なので手相やタロットや四柱推命などのメジャーどころには、だいたい「ふーん」って感じになる。

たまにビックリするような視点の人とかいてビックリするくらい。

 

会ったことは無いけど、

顔相(手相じゃなくてね)やってる人いたら

 

 

スゲーーー!!!

 

 

ってなるけど。

顔相の師匠が絶滅危惧種なので、習うに習えないのだ。

 

 

 

周りに聞いてみると、身内で占い師やってる人っていないらしい。

こちらからすると、占い師だらけなんだが。。

 

電話占いとか今となってはめちゃくちゃいっぱいあるし、どっかのママさんがやってるイベントとか行くと、大概占いのブースがある。

そのくらい占いってメジャーなのに、なぜか身内にはいない。

 

思うに、占い師の主張が弱いんだと思う。

世間的なイメージも良くなかったりするから、周りに言ってない人も多い。

 

占いって実はめちゃくちゃ面白いし、易の考え方って仏教哲学や昔の中国思想の元になってたりして、学問としても面白い。

 

「マーフィーの法則」で有名になったマーフィーも易が大好きだし、新選組の○○さんも、○○に攻め込むときに易の卦を立てたら山地剥の上爻(首が飛ぶ意味がある)が出て、周りに「それ死亡フラグですやーん!」と総ツッコミをされたのにもかかわらず果敢に攻め入って、ホントに断首される逸話が残ってたり。

易占いってなんかおじいちゃんがやってるイメージww

てか易って何?w

みたいな、今はそんな感じなんだけど、易って超COOLなんだぜ!ってことが少しでも伝わったらいいなって思うんですよ。

 

そんなわけで、もっと占いがメジャーになって欲しいと思う今日この頃でした。

 

 

 

 

・・・とまぁこんな記事を書いておりますが、

ちゃんと日頃は占い師してます。

 

日々、人様のいろんな悩みと向き合ってるわけでございます。

 

そんな王子に占って欲しいという方へ。

鑑定のご依頼はコチラからできます。

占う前に、占いってどんなことするの?

という方はコチラもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です