自分はダメな奴だと自信をなくすことは悪いことじゃなくて「しょーがない」こと。

 

僕もよくなるんですが、すごい人を見て

 

「あいつスゲ―――!」

 

ってなるけど、つい「それに比べて俺は・・・」みたいになることってありますよね。

で、それが重なって重なって、自分がえらい小さい人間に思えてくる。

 

そんな経験誰しも持ってると思います。

今日はそのへんについて。

 

 

「すごい」とは相対評価である

 

そうなんです。

「すごい」って相対評価なんですね。

「すごい」があるから「すごくない」がある。

「すごい」という表現にも強弱があって、

 

すごくない→→ちょっとすごい→→すごい→→超すごい

 

みたいな。

そして、「すごい」と思う部分は大抵の場合は、自分が持っていない部分や自分がすごくないと思っている部分。

 

なので、ドラクエで言うとレベル3くらいの自分とレベル80くらいの人を比較してしまっている状態なんです。

 

必ずとこかに比較対象がいるんです。

その人のスゴイとこをピンポイントで見て比較するんです。

だから辛くなるんですね~。

 

でもこれ、端から見てると、あいつバカだな―って思えません?

レベル80の人を見て「あいつスゲ―なぁ・・・」って。

いやいや、自分レベル3やんw 何言ってんの?wって思いますよね。端から見てたら。

ただ、いざ自分のこととなるとそうは思えないもんなんですよね。

 

コレが難しいところ。

 

無意識にそう思ってしまうんだもの。人間だもの。

 

これを占い師の目線で見ると、

そこに抗う方がナンセンス!

 

すごいなぁ~

俺すごくないなぁ~

 

みたいに反射的に思ってしまう人は、そう思う習慣が出来上がってしまっているワケではなくて、その人の出生ステータスというか、キャラメイク(生誕)の時に初期値としてそれが組まれているわけで、何が言いたいかって言うと、

 

 

その人のせいではない。

 

 

ということなんです。

そう思うことがごく自然で、そう思わなくすることができないステータス設定になってしまってるんです。

 

なので、「しょーがない」ってヤツなんです。

便利な日本語ですよね。「しょーがない」。

一種の悟りの言葉だと思ってますコレ。

 

だってできないものはできない!

そこ乗り越えようと頑張ってても無理だよ!

登れないようにできてるから!

 

というのが占い師目線での話ですね。

 

では、そう思ってしまって辛い!

という状態は、どうにもならないのか?

という話。

 

 

結局は時間

 

 

そう、結局は時間なんです。

体にバイオリズムがあるように、運勢や運気と呼ばれるものにもリズムや流れがあります。

四季があるように、暑い時期もあれば寒い時期もあります。

 

「地獄に落ちるわよ」で有名なあの方がよく言ってた、大殺界ってのもそうです。

そうなってしまいがちなタイミング、という意味です。

 

逆に考えてみると、自分を卑下しない時期もあったはず。

というか必ずあります。

 

春 → 冬 → 秋 → 冬 → 冬 → 春 → 秋 →・・・

 

みたいなデタラメな周期というのが、占いの観点から見るとあり得ないからです。

 

となると、自分を卑下してしまいがちなタイミングに入ってしまった、となればヘタにそれに抗わない方がいいよ!ということになります。

アドバイスとしてもこれはよく使います。

 

例えると、冬なのに

「私は半袖のTシャツが着たいんです!・・・でも、寒いんです!」

と言ってるみたいな感じです。

冬なら冬の過ごし方があるわけなので、それに準じましょう。

 

焦る気持ちもあるとは思うけど、焦ったって時間は早くならないので。

そして、そんな時にのみポジティブな悟りを開くこの言葉を唱えましょう。

 

 

 

 

「しょーがない!」

 

 

 

 

 

 

 

・・・とまぁこんな記事を書いておりますが、

日頃はちゃんと占い師してますよ!

 

ちなみに・・・占いってどんなことするの?

 

 

フォローするだけで運気が上がります。

FacebookTwitter

・・・ウソです 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です